12月31日(日) 今週の展望と厳選銘柄

1月4日(木)からいよいよ新年の取引が始まります。

2007年最初の推奨銘柄は、相当悩みましたが「浜松ホトニクス」に注目しようと思います。

光電子増倍管で世界シェア65%の実力を持ち、医用など高性能品多数開発している企業で技術力では世界のトヨタも一目置く実力派企業です。

今年はこういった企業に頑張って欲しいものです。


東京証券取引所大発会


★ 今週の厳選注目銘柄 ★


浜松ホトニクス(株) (東証1部:6965)

 先週終値 : ¥ 3,570
 目標価格 : ¥ 3,850
 損切価格 : ¥ 3,250


ATM引出手数料0円 セブン-イレブンでも郵便局でも0円 新生銀行

「住友金属鉱山(株) (5713.t)」12月24日(日)の厳選銘柄

★ 先週の厳選注目銘柄 ★

住友金属鉱山(株) (東証1部:5713)


 先週終値 : ¥ 1,474
 目標価格 : ¥ 1,600
 損切価格 : ¥ 1,350


12月25日 始値 : ¥ 1,439
12月28日 終値 : ¥ 1,527
 

先週は2006年の最終週でしたが、日経平均は月曜の終値から僅かながらですが4連騰で取引を終了しました。
最終日の失速が気になると言えば気になるのですが、上昇トレンドは不変であると確認できました。

注目した銘柄「住友金属鉱山」も上値が重たい様子ですが来年は動意づいて新値を追いそうな気がします。

今年一年の株式取引を通じて少し明るさが見えてきたような気がします。
とはいっても、経済も「いざなぎ」を越えたと言っても実態はなく、景気回復といっても数字上のような気もしますので、この株式市場で感じる明るさも「限定的」なのでしょう。

しっかりとした銘柄を選んで深追いしない事が来年はより重要になってくると思います。

来年も引き続いて、週単位(もしくはそれ以上の中期)でじっくりと投資したい銘柄を厳選してまいりますので引き続き宜しくお願い致します。


ATM引出手数料0円 セブン-イレブンでも郵便局でも0円 新生銀行

12月24日(日) 今週の展望と厳選銘柄

今年もいよいよ今週の取引を残すのみとなりました。

先週は17,100円越えで終わった日経平均についても危惧論、楽観論の両論入り乱れて疑心暗鬼の中の相場になりそうです。
海外投資家の日本株への割安感は根強いものがあるということですので今週も乱高下がありながらも上昇基調は変らず、と見たいと思います。

ただ、銘柄によってはっきりと明暗が分かれそうな気もしますのでしっかりとした銘柄選定が必要になってくると思います。


★ 今週の厳選注目銘柄 ★


住友金属鉱山(株) (東証1部:5713)

 先週終値 : ¥ 1,474
 目標価格 : ¥ 1,600
 損切価格 : ¥ 1,350




ATM引出手数料0円 セブン-イレブンでも郵便局でも0円 新生銀行

「国際石油開発帝石HD(株) (1605.t)」12月17日(日)の厳選銘柄

★ 先週の厳選注目銘柄 ★

国際石油開発帝石ホールディングス(株) (東証1部:1605)


 先週終値 : ¥ 1,010,000
 目標価格 : ¥ 1,250,000
 損切価格 : ¥  950,000


12月18日 始値 : ¥ 1,020,000
12月22日 終値 : ¥  988,000
 

今週も引き続き日経平均が強い動きを見せてくれました。やはり17,000円付近では弱気の売りの動きも強かったのですが、終値ベースで17,100円台を確保しました。
割安感のある日本株への外国人投資家の注目度にも左右されそうです。様々な意見が飛び交いながらも大手鉄鋼株が牽引役となって続伸した週となりました。

さて、注目した「国際石油開発帝石ホールディングス(株)」ですが、週末に出たモルガン証券のレイティング格下げによって値が崩れてしまいました。
確かに、原油価格引き下げと中期的な新規油ガス田の貢献が遅れるリスクはあると思いますが、さらに突っ込んで見込み業績予想期間中の利益成長率が鈍化すると言う事で、目標株価は117万円から102万円に引き下げられております。

ただし、上昇トレンドは不変と考えておりますので年明けまで持続のほうが良いと思われます。



ATM引出手数料0円 セブン-イレブンでも郵便局でも0円 新生銀行

12月17日(日) 今週の展望と厳選銘柄

市場全てが悲観論に包まれた先々週とは打って変わって東京市場は約7ヶ月ぶりの戻り高値を記録しました。
この相場の牽引役はまたしても外国人投資家であり、リスクを取って最大限の利益を手中にするといった日本人には足りない感性で着実に利益を上げています。

しかしながら、先週の日経平均5連騰はサイコロジカルラインを75%にまで押し上げてきました。心理的にも17,000円越えは壁を意識するラインで今週の動きは慎重にならざるを得ません。

大局的には日経平均は20,000円越えを目指すものであると思われ、それまでの多少の紆余曲折に慎重に対処しなければならないと思います。

そのためにも、色々な誘惑がある中でも、仕手株や低位株に心を奪われる事無く、好業績・好需給・割安のキーワードに重点を置いて投資する姿勢が必要に思われます。


★ 今週の厳選注目銘柄 ★


国際石油開発帝石ホールディングス(株) (東証1部:1605)


 先週終値 : ¥ 1,010,000
 目標価格 : ¥ 1,250,000
 損切価格 : ¥  950,000


ATM引出手数料0円 セブン-イレブンでも郵便局でも0円 新生銀行

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。